突然ですが、キャバ嬢の魅力ってなんだと思いますか?
顔、スタイル、服装、メイク、仕草、いろんなものがあると思います。
女の子にとっての魅力って、実際のところある意味では”何でも魅力だと思えば魅力”なのではないでしょうか。
それこそ、他の人と比べたときに少し劣っているように感じる部分があったとしても、全部ひっくるめた時に素敵!と思えれば、男性からすると「全部OK」みたいになってしまったりするもの。

どこか1点の大きなポイントがあれば、それだけで相手をメロメロにしちゃうことができるわけです。
あんまり可愛くないと感じる子が、イケメンと付き合っているというのもよくある話。
人それぞれ、色んな魅力があるんですよね。

さて、今回ご紹介していきたのは思わず「キュンッ」としちゃうような方言です。
みなさんも一度は感じたことありませんか?地方の言葉でドキッとしたりした瞬間、きっとあると思います。
逆に言えば、男性からみても女性の方言にドキッと胸を打たれたりすることがあるんです。
そこで、今回は方言の代表とも言える「京都弁」にまずは触れてみたいと思います。

京都弁の魅力ってどんなところ?

よく聞く話ですが、京都弁に対する他の地域の人のイメージからすると、「はんなりしてる」「上品で繊細」「癒やしを感じる」といったものをよく挙げられます。
つまり、他の人からみれば京都の言葉って、普通に話しているだけでもそんな感じの印象を持たれているってことですよね!?

これって、京都に住んでいる人からすれば凄いメリットがあるというか、ちょっとしたお得感があるような気がします。
地元の方言を話しているだけで、そんな感じで捉えてもらえるのなら、むしろドンドン方言を使っていきたいですよね。
では、実際に京都の有名キャバクラ店に勤めるとすれば、どんな言葉を使えば、お客さんに喜んでもらったり、キュンとしてもらえるのでしょうか。
もう少し掘り下げてみたいと思います。

地元、京都キャバクラで使いたい言葉

観光客が多い京都、他の地域からふらっと来た一見さんも多いと思います。
そんな方によく響くのは「もう会えへんの?」、「また来てくれはるんかなぁ」、「もっと一緒にいたいわぁ」という言葉ではないでしょうか。

もっと一緒にいたい、また会いたいという気持ちを京都の言葉で伝えると、柔らかい雰囲気で伝わるので、とてもウケが良いです。
決して前に出過ぎず、でもしっかりと気持ちが伝わる京都の言葉。
ぜひどんどん使ってみてほしいと思います。